ここでは伊東個人の思いを掲載させていただいてます

 

 歯ならび矯正クリニックの嘉数院長と出会い、サラリーマン人生にピリオドを打ち、歯科矯正業界について知っていくうちに残念ながら矯正臨床の現状は混迷期にあると感じました。

 

 そもそも、私を含めた素人の一般人からすれば【歯科矯正治療やってます】と看板を掲げられればそのクリニックは【歯科矯正の専門】なんだと思うでしょう。風邪を引いたら内科へ行ったり、怪我をしたら外科に行ったりと言った感じで、歯が痛ければ歯科クリニックへ。矯正治療を受けたいなら歯科矯正のクリニックへ行くでしょう。確かに命に係わる治療ではないです。しかし、専門性の高い技術が求められるはずです。前職でも仕事柄、患者様のクレーム等は度々耳にしました。

 

 日本国内では「専門医」や「認定医」が各団体により認定されてはいるものの、現環境下での制度は機能しているとは言い難いと感じています。患者様目線で考えたとき、非常にわかりにくく安心して利用できないと思います。

 

 「自由標榜制度」により、一般の歯科クリニックでも歯科矯正治療が受けられるのであればどこでも一定水準以上の治療が受けられて当然だと思います。しかし、「歯科矯正治療やってます」と看板を掲げているのに残念ながら技術が追い付いていない歯科クリニックも多いように感じます。それは制度そのものの問題もありますが、技術革新がなかったからと言うのも一つだと感じました。

 

 人は一人ひとり歯の形・並び・大きさ・アゴの広さ・力・使い方、何もかもが違っています。簡易な治療等であれば現状のやり方でも人によって、症状の具合によっては治療が可能でしょう。しかし、重度の症状等の場合はその人にあった、症状にあった治療が必要なはずで、その治療に医師の技術がマッチしているかは疑問に思います。患者様のニーズは年々多様化し国内でも矯正治療を希望される方は増加傾向にある中で、【患者様の声】に応えきれているでしょうか?

 

 歯ならび矯正クリニックの嘉数院長と出会い、歯科矯正業界のことを知り、嘉数院長の技術・経験・知識、そして思想であれば現況を打破できると確信しました。ただ、嘉数院長一人が技術をもっていても限界はあります。これらを普及させることが変革への一歩ですし、地域の各歯科クリニック同士が協力しあってこそ作り上げられる『力』があると思っています。

 

 まずは、沖縄県内の先生方と連携し、より質の高いサービス・技術で【患者様から選ばれるクリニック】を増やし、他府県にはない「歯科連携システム」を構築することでこの動きが広がっていけばと思っています。

 

 近い将来(であってほしいですが)、歯科矯正業界の制度も見直されることでしょう。その時に【患者様から選ばれる歯科クリニック】だけが生き残れるのだと思います。